自己破産してからも機種変更はできる?

自己破産してからも機種変更はできる?

携帯電話は現代生活ではもはや必要不可欠な存在にまで成長しました。
連絡を取るということでも携帯電話が無いと困ることは多いですし、また情報収集においてもスマートフォンがあるかどうかの違いは大きいでしょう。
ただ一台の携帯電話があれば永遠にそれを使えるというわけではなく、故障したり古くなれば機種変更を検討することになります。
ですが自己破産をした際にはこの機種変更についてもチェックしなくてはならないポイントが出てくるのです。
では自己破産後の機種変更でチェックするべきポイントは何なのかと言うと、何よりも重要なのが「携帯電話を分割購入するかどうか」というところです。
最新型のスマートフォンなどになると一台で10万円近い値段が付けられていることもありますのでほとんどの人は分割購入をするようになっているのですが、しかし分割購入をするには借金をすることになります。
「手元にお金が来ているわけではないのだからどこからもお金を借りていないではないか」と考えてしまいがちなのですが、分割購入の際には必ず信販会社が関係してきます。
分割購入では各携帯電話キャリアなどが提携している信販会社に対して「この人が携帯電話を購入してくれるので、分割購入の手続きをお願いします」と連絡を取ります。
連絡を受けた信販会社は審査を行ったうえで代金を一時的に立て替え、携帯電話の契約者に毎月分割で代金を納めてもらうという形の手続きを取っていくのですが、この「一時的にお金を立て替えてもらう」というのは疑似的な借金です。
あまり意識している人はいないですが、実は携帯電話を分割払いで購入する際には全ての人が信販会社でローンを組む、借金をしているという形になっているわけです。
さて、信販会社はその審査の中で「この人の代金を立て替えるとして、この人は今後ちゃんとお金を払ってくれるだろうか」というところをチェックします。
しかし「数年前に自己破産をした」ということになると、やはりそうではない人と比べて信用はかなり落ちるとして見られることになるでしょう。
もし万が一同じ状況になれば破産してお金を返してくれなくなるかもしれませんし、そもそも現在の状況がかなり危うい可能性すらあります。
そういったことを考えると、自己破産をした直後の人に対しては「この人はお金を返してくれない可能性があるから、分割購入の許可は出せない」という判断が出てきてしまうわけです。
ただ打開策としては端末代を一括で支払うなどの方法がありますので、もし機種変更で分割購入ができないと言われた場合には代金の一括払いを検討するようにしてください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法