自己破産した時|家族の心境とその後の生活

自己破産した時|家族の心境とその後の生活

自己破産は借金をゼロにできる夢のような手続きですが、デメリットもたくさんあります。言葉は悪いかもしれませんが、借金を踏み倒すことになりますので、世間的な評判が落ちることは避けられません。できることなら職場や近所の人はもちろん、家族にも知られたくない人はたくさんいるでしょう。できれば家族にだけでも知られることなく、自己破産できる方法はないのでしょうか。
自己破産したことを周囲に知られる原因はさまざまです。基本的に破産者は、官報という国が発行する機関誌に住所及び氏名が掲載されますので、それに目を通す機会がある人からバレる可能性があります。もっとも官報に目を通すような人は数が限られていますので、ここからバレる可能性はそう高くありません。
マイホームを所持している人は、周囲に知られる可能性が高くなります。自己破産すればマイホームを手放さなければならないため、競売などにかけられればそこから破産したことが知られる可能性は大です。当然ながら家を失うことになりますので、家族に内緒にしておくことは不可能です。
ではマイホームを持っていない人は、家族に知られずに手続きを行うのは可能なのでしょうか。答えは不可能ではないけれど、限りなく厳しいというところでしょう。この手続きは裁判所に申し立てを行い、裁判所が免責許可決定を出すことで実現しますが、その過程で裁判所は同居している人の収入を証明する書類の提出を求めてきます。これは借金の返済が可能かどうかを知るために不可欠であり、書類の提出から逃れることはできません。収入を証明できるもの、たとえば源泉徴収票などを用意できれば内緒で手続きを進めることも可能になるかもしれませんが、このような書類を本人以外が手に入れるのは基本的に困難です。
このように自己破産を周囲に知られることなく進めることは非常に難しいのが現状です。ただいくら借金がゼロになったからといっても、信用を失った状態で新しい生活をはじめるためには周りの人の協力が不可欠です。厳しい未来を歩まなければいけないからこそ、家族の協力は絶対に必要となるものです。下手に隠そうとするよりも、全てを打ち明けて協力を仰ぐほうが、物事がうまく進む可能性は高くなるでしょう。この手続きは本人以外の人生にも多大な影響を与えてしまうので、正直にすべてを話すことは当然といえば当然です。できることなら配偶者と一緒に弁護士のもとへ出かけて、対処方法を相談するといいでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法