自己破産|いくらから申請ができるの?-借金を0にしたい方へ

自己破産|いくらから申請ができるの?-借金を0にしたい方へ

自己破産は債務問題が発生している人を救済するための精度であり、支払不能に陥ってしまっている人の借金を帳消しにしてくれます。
利用できれば一部の例外を除いて全ての借金が消えることになりますので、まさに債務整理の最終手段であると言えるでしょう。
ただ効果が大きい分自己破産はそれなりに前提条件を満たしていなくてはならないという短所もあります。
例えば制度を利用すれば現金化できる財産を処分して返済に充てなくてはならないとされていますし、浪費など免責不許可事由に該当する債務があれば借金がそのまま残ってしまうこともあります。
そうした前提条件というところでよく疑問とされるのが「いくらから制度を利用できるのか」というところです。
実際のところこうした疑問を持つ人は多いのですが、いくらから利用できるかという明確な基準があるわけではありません。
それぞれの人によって破産が出来る金額は異なるのです。
ではどうして異なるのかというと、これは自己破産が「支払不能の債務を抱えているかどうか」で判断されるからです。
例えば1000万円の債務を持っている人が二人いて、一人の年収は200万円、もう一人の年収は2000万円と仮定します。
前者は到底返済することが出来ないとして見られるでしょうが、しかし後者は年収の半額しか債務が無いわけですから、分割して返済していけば問題なく完済できるはずです。
そのためこの場合ですと前者は破産が認められる、後者は破産が認められないという形になる可能性が高いとして判断できます。
それぞれの人によって収入の規模が違うわけですから、いくらから利用できるというような基準は作られていないのです。
さて、ではその支払不能になるかどうかはどのように判断するのかというと、基本的には現段階で返済しなくてはならない借金の返済が滞っているかどうか、加えて収入から最低限必要になる生活費を除いて、その額を3~5年かけて返済する形にして完済が出来るかどうかで判断がされます。
傾向を見ると債務総額が年収の1.5倍を超えていると支払不能の状態にあると判断される可能性が高いです。
ただここまでを読んでわかるように、自己破産で返済不能としてみなされるかどうかはかなりケースバイケースの判断になります。
そのためもし自己破産を考えているのであれば、まずはそれぞれの状況が分かる資料を用意したうえで弁護士や司法書士などの専門家に相談を持ちかけてアドバイスをもらうようにしましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法